NPO法人による医療ボランティア活動

医療 ボランティア

医療 ボランティアについて

NPO法人による医療ボランティア活動

画像

医療というのは、健康保険の使用に関わらず、その行為の代償に料金を徴収するのを基本にしています。
しかし、対象となるのは病気やケガを患っている人ですから、社会的な弱者であることも多いのです。
そうした社会的な弱者の場合には、料金を支払えないことも、あり得ることです。
とくに、国や地域そのものが不安定であると、その数が膨大なものになる可能性が高まります。
そこでよく行われているのが、NPO法人による医療ボランティア活動です。
NPO法人とは、非営利活動を行う団体のことを示します。
そのためNPO法人の活動で得た利益は、一般的な会社で行われる、株主の配当などには回しません。
NPO法人の活動で得た利益は、その後の非営利活動に、活用することを基本にしているのです。
こうしたNPO法人による活動は、公的な機関が行うものとは異なります。
したがって、制約に縛られることが少ないので、幅広い医療ボランティア活動を行うことが出来ます。