手話ボランティアに支えられています

医療 ボランティア

医療 ボランティアについて

手話ボランティアに支えられています

画像

医療は、医師や看護師といった専門職のスタッフが、給料をもらって基本的には支えています。
いっぽうで、給料をもらうことなく働いている人も、たくさん存在しているのです例えば、先天的な聴力障害者の場合は、音の感覚がないために、言葉を話せないことが多くなります。
そのため、先天的な聴力障害者の場合は、聴力だけではなくて、言語能力も失うことが多くなるのです。
その結果として先天的な聴力障害者は、病院を受診しても、スムーズに診察出来ないこともあります。
先天的な聴覚障害者は、日常の意思疎通の手段として、手話を用いることが一般的です。
しかし病院のスタッフで、手話を使いこなせる人は、限定されています。
そこで必要になるのが、手話ボランティアの存在です。
手話ボランティアは、聴覚障害がない人にも関わらず、手話を勉強した人が担当します。
そのため、一般の言語と手話の両方で、意思の疎通を行うことが可能なのです。
この2つの手段で意志の疎通を行えるために、病院に付き添って、医師などとの橋渡しの役割をします。
したがって医療は、手話ボランティアに支えられている部分が、随所にあるのです。